2012年11月24日

我が家の太陽光

みなさん、こんにちは。

ニシムラサービスの西村ですわーい(嬉しい顔)


ブログに書くネタが見つからないので、今日は我が家の太陽光を紹介したいと思いますかわいい

20121124_141138.jpg
今日は残念なことに、曇り曇りですが、頑張って発電してくれてますexclamation

最近寒くなってきたので、コタツなどで電気代がかかりますよね…。

我が家も太陽光が来るまでは、電気代がスゴかったんですが、太陽光にしてからは電気代がグーーーーーンと下がりました手(チョキ)

暑がり&寒がりの愛犬、だいごろうも太陽光のおかげで風邪も引かず元気に暮らせています犬

20121117_090352.jpg

太陽光について、ご質問・ご相談がありましたら、ポチッとお願いします↓↓
banar_mitsumori.jpg



posted by 神戸の太陽光発電ニシムラ施工センター at 14:46| 兵庫 ☔| 従業員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

映画館と美術館をはしごして

 るんるん我が家の前の公園は、暑かった夏は緑一色だったのに、すっかり赤や黄色に木の葉は様変わりし、あまりの鮮やかぴかぴか(新しい)さにしばし見とれていました。わたしは(有)ニシムラサービス唯一の子持ち女子社員の堺わーい(嬉しい顔)と申します。

 
 
 先日、神戸に出かけました。電車 午前はミント神戸にある映画館ポケットベルで「北のカナリヤたち」を鑑賞し、午後は神戸市立博物館家で開催されているマウリッツハイス美術館展に行きました。はしごをしてハードなスケージュールだったにもかかわらず、右脳を喜ばせたせいかあまり疲れを感じませんでした。わーい(嬉しい顔)

映画の中で美術展の中で見つけた目2つことばについて書いてみたいと思います。

まず1つ目の「北のカナリヤたち」から(号泣してしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

             DSCF2208.JPG
  北海道の厳しい冬景色ぴかぴか(新しい)を背景に美しい揺れるハート吉永小百合さんが先生の役で物語りは展開されてゆきました。泣けもうやだ〜(悲しい顔)ました。この映画の中にはいくつかのキーワードがあるのですが、その中のひとつに宗教改革者ルターの名言が語られていました。

 
 
   『たとえ明日世界が滅びようとも、わたしは今日りんごの木を植える。』
 

 明日のことは考えずに(たとえ死があるとしても)、今日やるべきことを着実やる。1日1日をしっかり生きてこそ何かをなせるし、仮に目標を達成できなくても納得できるはずだ。という意味であったと思います。

 しっかり生きる為に何が必要でしょうか。最後に小百合さんが叫ぶ『みんなあなたが好きだから』・・・・そうです。「愛」

 
   2つ目は残念ながらこのフェルメールの代表作である「真珠の耳飾りの少女」からではないのですが、展示されていた絵の中の言葉から

           DSCF2207.JPG 

  
     『メメント・モリ』
   ラテン語で死を意識して生きよう。いつかは死ぬべき者であるということを忘れるな。という意味でしょうか。
 

  ある修道会では挨拶の変わりにこの言葉が交わされていると聞いたことがあります。限りない欲望に身を任せて生きるのではなく、いつかは肉体は朽ちて死すべき者であるということをいつも念頭においてつつしみ(美学)をもって生きる。わたしたちにいかに生きるべきかの1つの生き方をあらわしているように思われます。

 日本人にとって「死」は忌み嫌うべきものたらーっ(汗)として扱われていることが多いと思うのですが、「死」を意識することでより「生」が鮮やかになるのではないかと思います。
 

  
  このようなことを思い巡らしながら、ランチとお茶とケーキを織り交ぜながら、楽しい時間をすごしました。わーい(嬉しい顔)

 
 さて、この二つの言葉はどこに出てくるのかを探しながら映画、絵画展を訪れてみられるのもひとつかも・・・・
 
そして、あなたの感じたことなど聞かせていただけたらうれしいです。


 最後に、寒くなってくると暖房器具を使う機会が増えますよね。電気代の値上げも計画されているようで、家計も不安ですね。。
太陽光晴れで電気代がまかなうことが出来れば、安心して冬を越せそうですねexclamation&question
晴れ太陽光の説明だけでも、お見積もりだけでもどうぞ(有)ニシムラサービスにお声かけをお願いします。

 では、寒くなってまいりましたが、皆様がお元気に過ごされますようお祈りいたします。

 

posted by 神戸の太陽光発電ニシムラ施工センター at 15:56| 兵庫 ☀| 従業員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

工事の見学に行ってきました♪

こんにちは ニシムラサービスの川田です。

11月に入って一段と寒くなりましたので、風邪をひかないようにご注意くださいねexclamation×2


いよいよ、30kWを超える大掛かりな晴れ太陽光の工事が始まり、見学に行ってきました。

みなさんは、2012年7月1日に施行された、「全量買取制度」をご存知ですか?
住宅用を除く事業所などで発電した電力すべてを、電力会社が一定の価格で買い取る制度です。

今回は、産業用なのでこの制度が適応され、20年間、42円/kWhで買い取ってもらえますひらめき
(ちなみに、10kW未満の住宅用では、余剰電力を10年間、42円/kWhで買い取ってもらえます。)

すごいですね〜目

このような、お得な制度もありますので、少しでも太陽光に興味がありましたら
お気軽にお問い合わせください。 お待ちしておりまするんるん


写真は、今回の工事見学の時に屋上ビルから撮りました。
そろそろ六甲山もきれいに色づくころですねexclamation×2
紅葉狩りにでも行ってこようかなわーい(嬉しい顔)

GEDC0018.JPG
posted by 神戸の太陽光発電ニシムラ施工センター at 17:56| 兵庫 ☔| インフォメーション・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電車にて

こんにちは!

神戸の太陽光発電施工センターです。


朝晩ほんとに寒くなってきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は、冬本番を前に布団から抜け出す事がなかなか出来ず、この先が思いやられる毎日ですふらふら
暖房の季節がやってきますが、電気代値上げの話も気になりますね。



話は変わりますが、先日電車の中であった出来事を紹介いたします。

とあるイベントに参加するため、家族総出で初めて電車に乗りました。
初めての電車という事もあり我が家の末っ子のテンションは最高潮右斜め上
いざ電車へと乗り込みましたが、結構な乗客数の為に座ることが出来ないまま
数度の乗り換えを繰り返していました。


そのうちテンションの高かった末っ子も疲れたのか、トーンダウンしだっこを要求がく〜(落胆した顔)
何とかあやしていると、我が家の立っている後方の扉付近に座っていた外国の方が、
年配のご夫婦に席を譲っていました。

しかも、その外国の方は家族連れで7歳くらいの男の子と3歳くらいの女の子に立つように促し
子供たちも当然のように立ち上がっていました。


私もびっくりしましたが、周りの人たちもびっくりしていたようでした。


あの時、自分が座っている側だったらあんなことが出来たかな〜
一人でもなかなか出来ない事が多いのに、それを家族連れでするとは、
家族連れだからこそやるべきなのかもしれませんが・・・・



我が家のチビたちも何かを感じていればいいな〜思いつつ、ほっこりしながら目的地につきました。


こんな風にみんなが優しい気持ちになれば、晴れのような明るい未来になるかもしれませんね。
※こじつけ過ぎ・・・・・



追伸:休日の◎急電車は結構混んでるという事がわかりました。


では。

posted by 神戸の太陽光発電ニシムラ施工センター at 08:18| 兵庫 ☁| 従業員日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。